MAGAZINEOSマガジン

インフォメーション

レクサス vs ランクル|外装・内装・ボディサイズ・価格の比較から分かるおすすめはこちら!

2024.02.28

レクサス ランクル

レクサスとランクルは、高級車市場において両者ともに重要なポジションを占める存在です。

どちらもトヨタが製造を行っている車ですが、これらのブランドは、異なるニーズや好みに合わせて設計された車であり、それぞれ独自の魅力を持っています。

レクサスのラインアップには、セダンやSUV、クーペなどがありますが、特にSUVの人気は高いです。

一方、ランクルは高級SUVのシリーズとして、初代モデルは1951年に登場し、以降数々のモデルが販売されています。

どちらも魅力ある車ですが、自分にどちらが合っているのか気になっている方は多いのではないでしょうか。

この記事では、両車の詳細な比較を行い、どちらが自分のニーズに最も適しているか解説していきます。

レクサスとランクルの特徴

高級車の世界において、レクサスとランクルはそれぞれ独自の特徴を持つ存在として知られています。

レクサスは、洗練されたデザインと快適な乗り心地、最新のテクノロジーが融合した高級車ブランドとして、都会的なライフスタイルにマッチした魅力を持っています。

一方、ランクルはその堅牢さとオフロード性能によって、アウトドア愛好家や冒険好きなドライバーにとって理想的な選択肢となっています。

レクサスとは?

レクサスの歴史は、1983年にトヨタ自動車が立ちあげた「F1プロジェクト」として始まります。
当初、トヨタは高級車市場への参入を目指し、F1プロジェクトはその一環として、高品質で高級感のある車両を開発することを目指しました。

1989年9月に初代LSを発売した後、レクサスはセダンやクーペなど、さまざまなモデルを展開し、世界中で販売を拡大していきました。
また、ハイブリッド車の開発や先進的なテクノロジーの導入など、常に革新的な取り組みも行われました。

現在では、レクサスは世界中で高い評価を受ける高級車ブランドの一つとして確立されており、その歴史と品質は多くの顧客に信頼されています。

レクサスの在庫一覧はこちら

ランクルとは?

ランクルの歴史は、1951年にトヨタ自動車が初代モデル「ランドクルーザー」を発売したことに始まります。
当初、ランドクルーザーは軍用や農業などの商業用途を主なターゲットとして開発されましたが、その後、一般消費者市場にも販売されるようになりました。

ランドクルーザーは、その強靭なボディ構造や卓越したオフロード性能で知られ、さまざまな過酷な環境下での走行に耐え得ることが可能な、悪路走破性能が抜群の車です。
さらに高い耐久性から得た信頼性で、世界中でアウトドア愛好家や冒険家、あるいは商用車としても広く使用されることとなりました。

その後、ランクルは数々の進化を遂げ、さまざまなモデルが開発されました。
ランドクルーザープラドや、ランドクルーザー200シリーズなどの派生モデルが特に人気を博しています。

ランクルは、その豊富な歴史と伝統に裏打ちされたブランドとして、今日でも世界中で愛され続けているのです。

レクサスとランクルの魅力的な外装デザイン

レクサスとランクルは、それぞれが異なるデザインのアプローチを持ちながらも、高級感と個性を備えた外装デザインで多くのファンを魅了しています。

魅力に溢れた外装デザインをしているレクサスとランクル、それぞれの魅力的な外装についてここでは見ていきます。

レクサスの外装デザインの特徴

レクサスは、独自性と洗練された美しさで高い評価を受けています。

豊かなデザイン要素が融合し、エレガントなグリルから流れるようなボディラインまで、レクサス独自のスタイルが魅力です。

レクサスブランドのデザイン哲学

レクサスは、革新性と洗練されたデザインを重視するブランドです。
そのデザイン哲学は、「L-finesse(L-練り)」と呼ばれ、流体の流れや立体的な曲線を取り入れた独特の美しさが特徴です。

外装のスタイリッシュな特徴

レクサスの外装は、スタイリッシュで高級感のあるデザインが特徴的です。

エレガントなグリルや流れるようなボディライン、繊細なディテールなどが融合し、存在感のある外観を演出しています。
また、LEDヘッドライトやアルミ製のホイールなど、モダンで先進的な要素も取り入れられています。

ランクルの外装が引き立つポイント

ランクルの外装は、その頑丈さとアウトドア志向が際立つポイントとなっています。

力強いフロントグリルやワイドなフェンダー、そして大型のバンパーが、ランクルならではの堅牢さと遊び心を象徴しているのです。

ランクルのアウトドア志向な外観

ランクルの外装は、その堅牢さとアウトドア志向が表現されています。

頑丈なフロントグリルやワイドなフェンダー、大型のバンパーなどが装備されており、野外活動や過酷な環境下でも安心して走行できるよう設計されています。

豊かなデザインのエレメンツ

ランクルの外装は、豊かなデザインで構成されています。

ボディの曲線や角度、クロームメッキのアクセントなどが絶妙に配置され、力強さと精巧さを同時に感じさせます。

また、大きなボディサイズと高い車高も、ランクルならではの存在感を際立たせる要素の一つです。

内装の快適さを比較する

レクサスとランクルは、外装だけではなく内装においてもそれぞれの魅力を最大に引き出しています。

コンセプトは異なりますが、どちらも乗り手が快適な空間でのドライブを持続するための技術や装備が盛り込まれているのです。

それでは、レクサスとランクルの内装について詳しく見ていきます。

レクサスの贅沢な内装空間

レクサスの魅力は、SUVにも贅沢な内装空間が演出されていることです。

レクサスの贅沢で魅力的な内装について見ていきましょう。

レザーシートや最新テクノロジーの組み込み

レクサスの内装は、上質なレザーシートや最新のテクノロジーが組み込まれています。
これにより、快適でラグジュアリーな乗り心地が実現されています。

ドライバーおよび乗客向けの快適性の向上

レクサスの内装は、ドライバーと乗客の快適性を重視して設計されています。

上質なシートや快適な乗り心地は、長時間のドライブでも疲れにくく、快適な移動をサポートしてくれるのです。

ランクルの内装の頑丈で実用的な特徴

ランクルといえば、強靭なボディに匹敵する頑丈で実用性に優れた内装も魅力の一つとなっています。

ランクルの実用的な内装について見ていきましょう。

タフな外観とリラックスした内装

ランクルの内装は、タフな外観とリラックスした雰囲気が特徴です。
さらに、頑丈な素材とシンプルなデザインは、アウトドアや冒険に最適な車となっています。

長時間のドライブに合った快適性

ランクルの内装は、長時間のドライブにも快適な時間を演出してくれます。
それに加えて広々とした室内空間や快適なシートは、遠出や長距離移動でも疲れを感じにくいです。

ボディサイズの比較

レクサスはスタイリッシュであり、ランクルは力強いという特徴は、ボディサイズにも表れています。

ここでは、レクサスとランクルのボディサイズの違いについて見ていきましょう。

レクサスとランクルの車両サイズの違い

レクサスとランクルは、ボディのサイズにおいて明確な違いがあります。

レクサスはコンパクトからミッドサイズのボディを提供しており、全長は約4.5メートルから5.2メートル程度です。

一方、ランクルは大型のSUVであり、全長は一般的に5.0メートル以上になります。

レクサスの都市での取り回しの良さ

レクサスは、都市部での取り回しの良さに優れた車です。
コンパクトなボディサイズやスムーズな操舵性により、都市の狭い道路や駐車スペースでも快適に移動できます。

また、都市部でのライフスタイルに合った洗練されたデザインも魅力の一つです

ランクルの大きなボディサイズの利点

一方、ランクルの大きなボディサイズには数多くの利点があります。

広々とした室内空間は、乗員や荷物に十分な余裕があり、長距離移動やアウトドアアクティビティに最適です。
また、強靭なボディは悪路や過酷な環境でも力強い走行性を発揮し、安心して走行できる信頼性を実感できます。

レクサスとランクルの基本的な違い

レクサスとランクルは、どちらも人気の高い車ですが基本的なコンセプトは違います。

コンセプトを知っておくことで自分にとってどちらが乗りやすいのか、自分の使用用途に合った車なのか知ることが可能です。

車種の設計思想の比較

レクサスとランクルは、それぞれ異なる設計思想を持っています。

レクサスとランクル、それぞれの設計思想について見ていきましょう。

レクサスの設計思想

レクサスは、高級感と快適性を重視した車です。
そのため、内装の贅沢さや快適性に重点が置かれており、都市部での利用やビジネスシーンでの使用に適しています。

また、乗り心地と静粛性を重視した足回りが採用されています。
サスペンションのチューニングや騒音対策が施され、スムーズな走行と快適な乗り心地を体験できるのです。

ランクルの設計思想

ランクルの設計思想はアウトドアやアドベンチャーに適したものであり、悪路や過酷な環境でも頼りになるパフォーマンスを発揮します。
そのため、悪路走行やオフロード走行に優れた足回りを持っています。

頑丈なサスペンションやダンパーの設計により、不整地でも安定した走行が可能です。
また、サスペンションのトラベル量が大きいため、過酷な環境下でも車体の安定性が確保されます。

用途やライフスタイルに合った選択肢

レクサスとランクルは、用途やライフスタイルに合わせて選択することができます。

レクサスは、都市部での利用やビジネスシーンでの使用に適しており、快適性と洗練されたデザインが魅力です。

一方、ランクルはアウトドアやアドベンチャーに適した車であり、強靭さと耐久性が特徴です。
そのため、冒険心旺盛なドライバーやアウトドア愛好家にとって理想的な車といえます。

価格帯の比較とコストパフォーマンス

レクサスとランクルは、それぞれ異なる価格帯とコストパフォーマンスを持っていますが、どちらも高い品質と性能を兼ね備えているという点で共通しています。

それでは、レクサスとランクルの価格の違いやコストパフォーマンスについて詳しく見ていきましょう。

レクサスとランクルの価格帯の一般的な傾向

レクサスとランクルは、それぞれ異なる価格帯を持っています。

レクサスは高級車ブランドであり、高価格帯の車種が多く、なかには価格が数千万円するものもあります。

また、ランクルもトヨタの高級SUVブランドであり、一般的に中から高価格帯の車種が多いです。
しかし、レクサスに比べるとやや価格が抑えられている傾向があります。

ランクルとレクサスのコストパフォーマンス

コストパフォーマンスとは、車両価格と性能、装備のバランスを示す指標のことです。

レクサスは、高級車ブランドであり、価格に見合った高品質な内装や先進的なテクノロジーを搭載しています。
そのため、価格は高めですが、快適性や安全性などの面で高い満足度を得ることが可能です。

一方、ランクルはトヨタの高級SUVブランドであり、価格帯は高いものの、その強靭さや耐久性は高い評価を受けています。

ランクルはアウトドアやアドベンチャーに適した車種であり、その性能と信頼性は価格に見合ったものと言えるのです。
そのため、コストパフォーマンスが比較的高いと言えます。

まとめ

この記事では、レクサスとランクル、両者の異なる設計思想や価格帯、コストパフォーマンスに焦点を当てました。

レクサスは高級車ブランドであり、贅沢な内装や快適性を重視しています。

一方、ランクルは強靭さと耐久性を追求したSUVで、アウトドアやアドベンチャーに適しています。

価格帯においても、レクサスは高価格の車種が多く、一般的にランクルよりも高価格です。
ただし、ランクルは高い強靭さと耐久性を持ちながらも、比較的価格が抑えられており、コストパフォーマンスが高いと評価されています。

レクサスとランクルは、異なるニーズに応える車種であり、用途やライフスタイルに合わせて選択することが重要です。

どちらを購入しようか悩んでいる方はぜひ、この記事を参考に自分に合った車を選ぶようにしましょう。

レクサスRXのサイズは?ボディサイズや室内サイズから見た魅力について解説

2024.02.28

レクサス rx サイズ

レクサスRXは、ラグジュアリーSUVの代表格として、その優雅なスタイルと快適な走行性能で多くの注目を集めています。

しかし、その魅力は単に外観だけにとどまりません。
レクサスRXはサイズにも魅力があります。
そして、車を選ぶ際に重要なポイントの一つは、サイズです。

レクサスRXのボディサイズは、都市部の交通にも適応しやすい中型SUVの枠組みに収まっており、幅広いユーザーに利用されています。
さらに、室内にも十分なスペースがあり、快適なドライブを実現させました。

車の購入を考える際には、ボディサイズと室内サイズが重要な要素となります。
この記事では、レクサスRXの魅力とサイズについて詳しく解説していきます。

レクサスRXとは?

レクサスRXは、トヨタが製造、販売している高級車ブランドであるレクサスのラグジュアリーSUVです。

RXシリーズは、1998年に初代モデルが登場しました。
当初はクロスオーバーSUVとして、高い走行性能と快適性を提供することに重点が置かれていました。

初代RXが洗練されたデザインと快適な乗り心地で市場で好評を博した後、技術や装備の面で改良を重ね、さらなる進化を遂げました。
燃費効率の向上や安全性能の強化など、モデルごとにさまざまな改良が施されています。

RXシリーズは、市場の需要やトレンドに応じて、ハイブリッドモデルの追加やデザインの変更など、常に進化し続けています。
進化をし続ける姿勢は、幅広い顧客層に対応できる魅力的な車種としての定評を得ています。

現在のRXは、高級感溢れる内装や先進的な安全・快適装備を備え、ラグジュアリーSUV市場において一定の地位を築いています。

RXシリーズは、レクサスブランドの中核を担う重要なモデルの一つとして、今後も進化し続けることが期待されているのです。

レクサスRXの在庫一覧はこちら

レクサスRXの魅力とは?

レクサスRXの魅力は、洗練されたデザインと快適性です。
美しい外観と高品質な内装が魅力であり、快適な乗り心地と先進的なテクノロジーがドライバーに満足をもたらします。

それでは、レクサスRXの魅力を詳しく見ていきましょう。

豪華なデザイン

豪華なデザインは、レクサスRXを個性的で魅力的な車に仕立て上げています。

さらに、ドレスアップやカスタマイズを施すことで、その魅力はさらに広がります。
たとえば、カスタムホイールや専用のエアロパーツを装着することで、車体のスタイルを一層引き立てることが可能です。

また、内装のカスタマイズもでき、高級感をさらに引き立たせる素材やデザインを取り入れることができます。
LEDライトやカスタムグリルなどのエクステリアアクセサリーを追加することで、車の個性も際立たせることができます。

ドレスアップは、ユーザーの好みやスタイルに合わせて自由に行うことができるため、レクサスRXの魅力を高める一つの方法です。

グレードの多様性

レクサスRXは、豊富なグレードも魅力の一つです。
異なるニーズや予算に合わせて選択できるため、幅広いユーザーに対応できます。

ベースモデルから高性能なFスポーツグレードまで幅広い選択肢があり、さらにハイブリッドモデルも用意されています。

それぞれのグレードには独自の特徴や装備があり、ドライバーが求める快適性やパフォーマンスに合わせて選択可能です。

快適な室内空間

快適な室内空間もレクサスRXの魅力の一つと言えます。
高品質な素材や精密な仕上げが施された内装は、ラグジュアリーな雰囲気を演出します。

広々としたシートと豊かな足元スペースは、乗員が長時間のドライブでも快適に過ごせるように設計されています。
さらに、豊富な収納スペースや便利なテクノロジーも備えており、乗車中の快適さと利便性に優れています。

RXのボディサイズ

RXのボディサイズは、一般的に中型SUVの枠組みに属します。
典型的な寸法は、長さが約4.8メートル、幅が約1.9メートル、高さが約1.7メートルです。

このサイズは、都市部での運転や駐車に適しており、車内には充分なスペースも確保されています。

レクサスRXは、モデルによってボディサイズに変化をつけることで時代の変化に対応してきました。

それでは、各モデルごとのボディサイズについて見ていきましょう。

2023年7月発売モデル

モデル 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) トレッド前後(mm)
RX350 バージョンL (FF) 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX350 バージョンL (4WD) 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX350 Fスポーツ 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX500h Fスポーツパフォーマンス 4890 1920 1700 2850 1650/1675
RX350h バージョンL (FF) 4890 1920 1700 2850 1650/1675
RX350h バージョンL (4WD) 4890 1920 1700 2850 1650/1675
RX450h+ バージョンL 4890 1920 1700 2850 1650/1675

2023年7月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2022年11月発売モデル

モデル 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) トレッド前後(mm)
RX350 バージョンL (FF) 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX350 バージョンL (4WD) 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX350 Fスポーツ 4890 1920 1705 2850 1650/1675
RX500h Fスポーツパフォーマンス 4890 1920 1700 2850 1650/1675
RX450h+ バージョンL 4890 1920 1700 2850 1650/1675

2022年11月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2021年11月発売モデル(特別仕様車)

モデル 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) トレッド前後(mm)
RX300 エレガントツアラー (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 エレガントツアラー (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 ブラックツアラー (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 ブラックツアラー (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h エレガントツアラー (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h エレガントツアラー (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h ブラックツアラー (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h ブラックツアラー (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630

2021年11月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2020年7月発売モデル

モデル 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm) ホイールベース(mm) トレッド前後(mm)
RX300 (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 Fスポーツ (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 Fスポーツ (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 バージョンL (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX300 バージョンL (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h バージョンL (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h バージョンL (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h Fスポーツ (FF) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450h Fスポーツ (4WD) 4890 1895 1710 2790 1640/1630
RX450hL (FF) 5000 1895 1725 2790 1640/1630
RX450hL (4WD) 5000 1895 1725 2790 1640/1630

2020年7月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

RXの室内サイズ

RXの室内サイズも、ボディサイズ同様モデルごとに微妙に異なる場合があります。

それでは、モデルごとの室内サイズを見ていきましょう。

2023年7月発売モデル

モデル ドライブ方式 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
RX350 バージョンL FF 1915 1615 1205
RX350 バージョンL 4WD 1915 1615 1205
RX350 Fスポーツ FF 1915 1615 1205
RX350 Fスポーツ 4WD 1915 1615 1205
RX500h Fスポーツパフォーマンス FF 1915 1615 1205
RX500h Fスポーツパフォーマンス 4WD 1915 1615 1205
RX350h バージョンL FF 1915 1615 1205
RX350h バージョンL 4WD 1915 1615 1205
RX450h+ バージョンL FF 1915 1615 1205
RX450h+ バージョンL 4WD 1915 1615 1205

2023年7月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2022年11月発売モデル

モデル ドライブ方式 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
RX350 バージョンL  FF 1915 1615 1205
RX350 バージョンL  4WD 1915 1615 1205
RX350 Fスポーツ FF 1915 1615 1205
RX500h Fスポーツパフォーマンス FF 1915 1615 1205
RX450h+ バージョンL FF 1915 1615 1205

2021年11月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2021年11月発売モデル(特別仕様車)

モデル ドライブ方式 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
RX300 エレガントツアラー FF 2095 1590 1200
RX300 エレガントツアラー 4WD 2095 1590 1200
RX300 ブラックツアラー FF 2095 1590 1200
RX300 ブラックツアラー 4WD 2095 1590 1200
RX450h エレガントツアラー FF 2095 1590 1200
RX450h エレガントツアラー 4WD 2095 1590 1200
RX450h ブラックツアラー FF 2095 1590 1200
RX450h ブラックツアラー 4WD 2095 1590 1200

2021年11月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

2020年7月発売モデル

モデル ドライブ方式 全長(mm) 全幅(mm) 全高(mm)
RX300 FF 2095 1590 1200
RX300 4WD 2095 1590 1200
RX300 Fスポーツ FF 2095 1590 1200
RX300 Fスポーツ 4WD 2095 1590 1200
RX300 バージョンL FF 2095 1590 1200
RX300 バージョンL 4WD 2095 1590 1200
RX450h FF 2095 1590 1200
RX450h 4WD 2095 1590 1200
RX450h バージョンL FF 2095 1590 1200
RX450h バージョンL 4WD 2095 1590 1200
RX450h Fスポーツ FF 2095 1590 1200
RX450h Fスポーツ 4WD 2095 1590 1200
RX450hL FF 2630 1590 1200
RX450hL 4WD 2630 1590 1200

2020年7月発売モデルのサイズは上記のとおりです。

ライバル車とのサイズ比較

ライバル車とのサイズ比較は、車の大きさやスペースの違いを把握し、購入を検討する際の参考にしてみてください。

一般的なライバル車としては、ハリアーやレクサスNXなどが挙げられます。

それでは、これらの車種とレクサスRXのサイズの違いを見ていきましょう。

トヨタハリアーと比較した場合

モデル ボディサイズ(mm) 室内サイズ(mm)
RX350 バージョンL 4890× 1920× 1705 1915×1615×1205
トヨタハリアー 4740×1855×1660 1880×1520×1215

※レクサスは2023年7月発売モデルで比較をしています。

トヨタレクサスNXと比較した場合

モデル ボディサイズ(mm) 室内サイズ(mm)
RX350 バージョンL 4890× 1920× 1705 1915×1615×1205
トヨタレクサスNX 4660×1865×1660 1180×982×1006mm(最小)1387mm(最大)

※レクサスは2023年7月発売モデルで比較をしています。

レクサスRXが向いている方とは?

レクサスRXは、高級感溢れるデザインと快適性を兼ね備え、幅広いニーズに応えるSUVですが、特に以下のような方に向いている車です。

高級感と快適性を重視する方

高品質な内装や装備、快適な乗り心地を求める方には、レクサスRXが適しています。

豪華なデザインと上質な素材を使用した内装は、高級感を演出し快適なドライブが楽しめます。

ファミリー向けの車を探している方

レクサスRXは広々とした室内空間と使いやすい荷室を備えており、ファミリーカーとしても向いています。

快適な乗り心地と多彩な安全装備も、家族での長距離ドライブや日常の利用に活躍してくれるでしょう。

環境意識のあるドライバー

レクサスRXにはハイブリッドモデルもあり、環境に配慮したドライブを希望する方に向いています。

燃費の向上や排出ガスの削減に貢献するハイブリッドシステムは、環境意識の高いドライバーに好評です。

まとめ

レクサスRXのサイズは、幅広いバリエーションで提供されており、モデルによって異なります。

ボディサイズや室内サイズも各モデルごとに異なり、ファミリーカーとしての使いやすさや快適性を追求した設計が特徴です。
さらに、環境に配慮したハイブリッドモデルも用意されており、さまざまなニーズに応える仕様が用意されています。

レクサスRXの購入を検討する際には、自分に合ったサイズのモデルを選び、快適なカーライフを過ごしましょう。

人気モデルのレクサスNXのサイズはどのくらい?ライバル車のサイズと徹底比較!

2024.01.29

レクサス nx サイズ

レクサスNXは高級感のあるビジュアルとスポーティな走りで人気の高いモデルです。
ボディサイズも他の車と比較すると大型ですが、具体的なボディサイズはどれぐらいなのでしょうか?

こちらの記事では、レクサスNXについての基本的なスペックやボディサイズについて詳しく解説しています。

また、ライバル車とのボディサイズの違いについてもご紹介しているので、レクサスNXへの買い替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

レクサスNXについて

レクサスNXは、トヨタの高級ブランドでありレクサス初のコンパクトSUVです。
こちらの項目では、レクサスNXについて詳しくご紹介します。

レクサスNXとは?

レクサスNXは、トヨタハリアーの兄弟車の関係にある車で、「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに2014年にデビューしました。

高い走行性能と都会的でスタイリッシュなデザインを併せ持つレクサスNXは、2.0Lのターボエンジンを搭載したNX200tと2.5Lのハイブリッドシステムを搭載したNX300hの2タイプが展開されています。

さらに、標準仕様のほかに「I Package」「Version L」「F SPORT」の3つのグレードがラインナップされています。

購入価格

下記の価格は全て新車価格です。

グレード 車両本体価格
レクサスNX250 バージョンL 5,526,000円
レクサス NX350 Fスポーツ 4WD 6,086,000円
レクサス NX350h バージョンL 6,086,000円
レクサス NX350h Fスポーツ 6,176,000円
レクサス NX450h+ Fスポーツ 4WD 7,535,000円

レクサス NX450h+ Fスポーツ 4WDだけは750万円を超える金額となっていますが、それ以外は全て600万円台に収まる価格となっています。

燃費・維持費

レクサスNXのパワーユニットは4タイプが用意されており、それぞれのWLTCモード燃費は以下の表の通りです。

大振りなサイズ感から考えると下記の数値はとても優秀で、コストパフォーマンスは抜群です。

パワーユニット 燃費
2.5Lガソリンエンジン 14.4㎞/L(2WD)
2.5Lガソリン+モーターのハイブリッド 22.2㎞/L(2WD)
2.4Lガソリンターボ 12.2㎞/L
2.5LガソリンPHEV 19.8㎞/L+EV航続距離88㎞

また、おおよその年間維持費はレクサスNX 300h AWDのケースで、以下の金額となっています。

必須費用 金額
自動車税 45,000円
燃料代 85,680円
車検代 37,365円
諸経費 76,000円
合計金額 244,045円

金額はあくまで目安となります。
上記の項目のほかにも、状況によって駐車場代や任意保険料などが加算されます。

レクサスNXの歴史

レクサスNXは、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」のSUVシリーズの一つです。
2014年に初代モデルが発売されて以降、絶大な人気を誇っています。

レクサスの看板である高級セダンと比較して、安価でありつつもエレガントなデザインと高い走行性能を兼ね備えていることから、発売当時は一般顧客層から注目を集めました。

初代レクサスNXは、当時の最新のテクノロジーや快適な装備が充実しており、高級車ならではの贅沢な乗り心地を実現しています。

2021年に発売された2代目レクサスNXは、より洗練されたデザインと高性能なエンジンを搭載し、さらに快適性や安全性が向上しています。

ハイブリッドモデルとガソリンエンジンモデルの2つのバリエーション展開があり、ユーザーの好みや用途に合わせて選ぶことができるのも特徴です。

初代レクサスNXと現行レクサスNXのサイズの比較

初代レクサスNXと現行レクサスNXとでは、ボディサイズや室内サイズ、荷室の容量などに違いがあります。

サイズ 初代レクサスNX 現行レクサスNX
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1645mm×4640mm×1845mm 1640mm×4660mm×1865mm
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 同上
タイヤサイズ 2660mm 2690mm
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 同上
荷室の容量 520L 同上

上記の表の通り、現行レクサスNXは初代レクサスNXよりも、全長と全幅が+20mm、タイヤサイズが+30mm大きくなり、全高は-5mmほど縮小されています。

レクサスNXの駐車について

レクサスNXは一般的な車よりもサイズが大きめのため、駐車の際の車体感覚を掴むのが難しいと感じる方も中にはいるかもしれません。

レクサスNXは全長が約4.7メートル、全幅は約1.8メートルありますが、このサイズなら日本の一般的な駐車場スペースに問題なく停めることができます。
しかし、柱や壁がある狭い駐車場では車体をぶつけてしまう可能性があるため、駐車の際は注意する必要があります。

駐車に自信がない場合は、パーキングソナーやバックモニターを利用して慎重に駐車することをおすすめします。

トヨタハリアーとの違いは?レクサスNXとライバル車のサイズ比較

レクサスNXは一般の車よりもボディサイズが大型ですが、他のメーカーのライバル車と比べてどれぐらい大きいのでしょうか。

ここからは、レクサスNXとライバル車のサイズの比較を表でご紹介します。

レクサスNXとトヨタハリアーの比較

レクサスNXとトヨタハリアーのサイズ比較は以下のとおりです。

サイズ レクサスNX トヨタハリアー
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1640mm×4660mm×1865mm 1660mm×4740mm×1855mm
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 1215mm×1880mm×1520mm
タイヤサイズ 2690mm 2690mm
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 750mm×985mm×1265mm
荷室の容量 520L プラグインハイブリッド車408L

ハイブリッド車・ガソリン車409L

表で比べてみると、レクサスNXよりもトヨタ ハリアーの方が、ボディサイズが全長80mm、全高20mmだけ大きいことが分かります。
しかし、荷室の容量はレクサスNXが520L、トヨタ ハリアーがプラグインハイブリッド車で408L、ハイブリッド車・ガソリン車で409Lなので、レクサスNXのほうが約110Lも容量が大きいです。

レクサスNXと日産 エクストレイルの比較

レクサスNXと日産 エクストレイルのサイズ比較は以下のとおりです。

サイズ レクサスNX 日産 エクストレイル
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1640mm×4660mm×1865mm 1740mm×4640mm×1820mm
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 1255mm×1980mm×1540mm
タイヤサイズ 2690mm 2705mm
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 845mm×1745mm×1305mm
荷室の容量 520L 575L

日産 エクストレイルは、レクサスNXよりもボディの高さが100mmも高いです。
また、荷室サイズは日産 エクストレイルのほうが広く、容量は575LとレクサスNXよりも55Lも多いのが特徴です。

レクサスNXとスバル フォレスターの比較

レクサスNXとスバル フォレスターのサイズ比較は以下のとおりです。

サイズ レクサスNX スバル フォレスター
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1640mm×4660mm×1865mm 1715mm×4640mm×1815mm
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 1275mm×2410mm×1545mm
タイヤサイズ 2690mm 17inch~18inch
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 884mm×1547mm×1300mm
荷室の容量 520L 509L

スバル フォレスターは、レクサスNXよりもボディの高さと室内サイズが少しだけ大きいです。
また、スバル フォレスターは荷室サイズがとても広めに作られていることが分かります。

レクサスNXとマツダ CX-30の比較

レクサスNXとマツダ CX-30のサイズ比較は以下のとおりです。

サイズ レクサスNX マツダ CX-30
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1640mm×4660mm×1865mm 1540mm×4395mm×1795mm
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 1210mm×1830mm×1490mm
タイヤサイズ 2690mm 2655mm
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 520mm×660mm×1000mm
荷室の容量 520L 430L

マツダ CX-30は、レクサスNXと比べると一回り小さいことが分かります。
また、荷室も狭めでレクサスNXよりも90L容量が少ないです。

レクサスNXとランドクルーザー プラドの比較

レクサスNXとランドクルーザー プラドのサイズ比較は以下のとおりです。

サイズ レクサスNX ランドクルーザー プラド
ボディサイズ(高さ×長さ×幅) 1640mm×4660mm×1865mm 1850mm×4825mm×1885
室内サイズ(高さ×長さ×幅) 1180mm×2080mm×1520mm 1240mm×2520mm×1565mm
タイヤサイズ 2690mm 2790mm
荷室サイズ(高さ×長さ×幅) 450mm×982mm×1006mm(最小)1387mm(最大) 860mm×2070mm×1380mm
荷室の容量 520L 621L

ランドクルーザー プラドはレクサスNXと比べて車体サイズが一回り程大きいのが特徴です。
また、ランドクルーザー プラドの荷室サイズはレクサスNXの2倍ほどあり、容量も621Lと大容量です。

レクサスNXのサイズに不安がある方へおすすめのオプション

レクサスNXには、以下のような、サイズに不安がある方にもおすすめのオプションがあります。

・パノラミックビューモニター
・パーキングサポートブレーキ
・デジタルインナーミラー

ここからは、上記の3つのオプションについて詳しくご紹介します。

パノラミックビューモニター

パノラミックビューモニターは、ミラー下やフロントのカメラから送られてくる画像を合成して、車体を上から見下ろしているような画角で表示してくれる機能です。

信号での停車時などで、前後の車との車間距離や停止線との距離が把握できるため、車体感覚が掴みにくい場合に不安を解消してくれます。
また、縁石やコインパーキングの発券機との距離が近くなると、自動でモニターが起動してくれるため、幅寄せの際にも便利です。

価格は、クリアランスソナー&バックソナー、ブラインドスポットモニターとの3点セットで151,200円となっています。

ブラインドスポットモニターは、車の死角となるところに車やバイクがいる場合に警告灯で通知してくれます。
また、クリアランスソナーは、障害物が近づくと音で警告してくれるセンサーで、こちらだけ単体でオプションとして付けることが可能です。

しかし、パノラミックビューモニターはメーカーオプション扱いであり、車の契約時に追加購入しなければならず、後付けはできない仕様になっているため注意しましょう。

パーキングサポートブレーキ

パーキングサポートブレーキは、アクセルの踏み間違いなどで起こる衝突を緩和してくれるシステムです。

たとえば、車体周囲の静止物を検知し、接近すると表示と通知音で知らせてくれるだけでなく、距離が縮まると自動でブレーキをかけて衝突を防いでくれます。
また、駐車場などで後退する際に、車体に後方から接近する車の存在をドアミラー、タッチディスプレイ、ブザーの3つで通知してくれます。

さらに、車体後方にいる歩行者の存在も検知して知らせてくれるため、安全で快適な運転を叶えてくれる存在として欠かせない機能です。

デジタルインナーミラー

デジタルインナーミラーは、車体の後方に設置されたカメラの映像をミラー内のディスプレイに表示する機能です。
切り替えレバーを操作することで、光学ミラーモードからデジタルミラーモードへの切り替えが可能です。

デジタルインナーミラーを使用することで、ヘッドレストや荷物などの障害物に視界を遮られずに後方確認できます。

また、後部座席を映さずに後方確認ができるなど、乗員のプライバシーに配慮した設計となっているのも利点です。

デジタルインナーミラーの使用の際の注意点としては、走行前に必ずミラーの調整を行うことが推奨されています。
ドライバーの体調や年齢によってディスプレイ映像に焦点が合わせにくい場合があるため、その際は光学ミラーモードに切り替えるなどの対応が必要です。

まとめ

レクサスNXは、スタイリッシュで洗練された高級SUVとして人気の高い車種であり、2014年に登場して以降、デザインも性能も進化し続けています。

車体サイズは一般的な日本車と比べて大型で、荷室の容量も多いため荷物が多いご家庭にもピッタリです。
さらに、サイズ感の割に燃費や維持費にも優れているなど、使い勝手も抜群です。

また、車体サイズに不安のある方のために、優れたオプションが豊富に用意されています。
特に、パノラミックビューモニターやパーキングサポートブレーキ、デジタルインナーミラーなどは、運転時に障害物を検知してくれるため、車体感覚が掴みづらい方でも安心して運転できます。

車の買い替えを考えている場合は、ぜひレクサスNXを検討してみてはいかがでしょうか。

レクサスの納期はどのくらい?納期を早めるコツも紹介

2024.01.29

レクサス 納期

国産の高級ブランドであるレクサスは、安全性やクオリティの高さから抜群の知名度を誇っています。
しかし、憧れのレクサスを購入しようと考えても、納期が遅いのではと不安を抱えている方も少なくありません。

本記事では、レクサスの納期目安や納期が遅れる原因を解説します。
納期を早めるコツや納車までの流れも紹介するので、事前に確認しておきましょう。

レクサスの納期

レクサスを契約する前に、事前に納期を把握しておけば安心できるため、納期の目安や納期の確認方法をチェックしましょう。

しかし、掲示されている納期は目安のため、実際の納車時期についてはディーラーへ問い合わせすることをおすすめします。

本項では、レクサスの納期が短縮される要因も解説します。

レクサスの納期目安

現在のレクサスの納期目安は約2か月から4か月ほどです。

人気の車種であれば、製造に時間がかかり、納期がさらに遅れる可能性もあります。
半導体の使用が多い車種も、納期が遅くなる傾向が高いです。

また、注文したオプションの量が多ければ、工場出荷までは早くとも、必要な部品調達や取り付けに時間を要するかもしれません。
早めにレクサスを手に入れたい場合は、ディーラーや店舗へ直接相談してもよいでしょう。

レクサスの納期が短縮される可能性もある

トヨタ自動車が全販売店にて、新たにシステム運用を開始し、レクサスの納期が短縮される可能性がでてきました。

生産から納車までの全工程を可視化する「J-SLIM(ジェイスリム)」システムでは、車種ごとに最大2年分の生産予定枠を設けており、このシステムは納車のタイミングまで分かる優れものです。

自動車メーカー側でも、半導体などの不足している部品の把握にJ-SLIMは役立ちます。

納期の可視化によって、販売店でも納車前の準備ができるようになり、納期の短縮に繋がる可能性があります。

納期の確認方法

レクサスが納車されるタイミングを知る方法は、主に2つあります。

1つ目はレクサスの公式ホームページで確認する方法で、2つ目は直接ディーラーや契約担当者へ状況を確認する方法です。
どちらの場合もリアルタイムで更新される情報を扱っています。

以下で確認方法について解説します。

レクサスの公式ホームページで確認

レクサスの公式ホームページでは、工事出荷時期の目処を掲示しています。
工場出荷目処が短い車種でも約2.5か月以上かかる予想です。

レクサスの公式ホームページに掲示されている納期目処は、納車時期ではなく、工場出荷目処であることに注意しておきましょう。

自動車メーカーで生産・工場出荷された後には、販売店でのオプションの装着や点検などが必要です。
詳しい納期については、事前に販売店へ確認してみてください。

レクサス公式サイトへはこちら

ディーラーや契約担当者への確認

レクサスの納期はディーラーや契約担当者へ直接確認してみてもよいでしょう。
その場で明確な答えはないかもしれませんが、リアルタイムな情報を教えてくれる可能性があります。

顧客では持っていない生産状況のデータや、店頭に届く目安などをディーラーでは、システムを通して内容を確認し把握しています。

ディーラーや契約担当者へ定期的に連絡をして、情報を確認しておけば納期への不安も軽減して安心です。

レクサスの納期が遅れる原因2つ

レクサスの納期が遅れる原因は2つです。

2020年の新型コロナウイルス感染症拡大を機に、工場の停止や半導体の需要増加に伴う半導体不足が目立ち始めました。

以下で詳しく解説します。

感染症拡大による生産の遅れ

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、海外にある自動車メーカーや部品工場の稼働率が落ちています。
工場の稼働ができなければ、部品の生産がされずに調達が難しくなることでしょう。

もし、部品の仕入れ先でクラスターが発生した場合は、工場が稼働できない状況が長期に渡り、納期がさらに遅れるかもしれません。

世界的な半導体部品不足

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、リモートワークが急速に普及し、パソコンなどが多岐にわたり利用されることによって、半導体が必要な電子機器の需要が増加しました。

需要の増加を受けて、半導体部品の生産が追いつかずに世界的に不足している状況が続いています。

自動車メーカーでは、重要な半導体部品の不足が原因で、納期に遅れが出ています。

半導体部品はパソコンやタブレットだけではなく、車の中枢部分にも使用されるほど重要な部品です。
今までの供給ラインで補えない分は、半導体メーカーへ協力の呼びかけをして、ほかの地域で生産するなど供給確保を急いでいます。

レクサスの納期を早める方法

レクサスの納期を早める方法は4つあります。

納期を待つだけではなく、自分から納期を早めるために取れる行動もあるでしょう。

カスタマイズなどの自由は減りますが、早くレクサスを手にいれるための方法を解説します。

複数のディーラーに赴く

レクサスの納期を早めるには、複数のディーラーに足を運んで相談するとよいでしょう。

ディーラーによっては、事前に在庫を割り当てられる数が決まっています。
大規模なディーラーであれば、在庫を多く保有している傾向が高く、購入したいレクサスが見つかるかもしれません。

在庫だけではなく、納期の説明をしてくれるなど自分にとって安心できるディーラーであれば、待っている間も落ち着けるのでおすすめです。

人気のグレードやカラーを選ぶ

店舗やディーラーは、販売見込みがある車種は、発注してあらかじめ在庫を確保しています。
販売見込みがある人気のグレードやカラーであれば、発注している在庫と購入したい車種で合致するかもしれません。

早めの納車を希望する場合、納車が早い人気のグレードやカラーを、ディーラーから聞いて相談しておくとよいでしょう。

新古車や中古車を選ぶ

新車の納期が長く、納品を待てない方は中古車で探す方法もあります。
メーカーのオプションはないものの、車種によっては中古車は安く買えるメリットがあります。

また、「登録済(届出済)未使用車」である新古車は、試乗車や展示車として利用されてきた車のため、走行距離が少ない車となります。

車種によっては新車よりも高くなる可能性があるものの、早く手に入れたいときには新古車や中古車も検討してみてください。

キャンセル待ちをする

キャンセル車が出たときのために、キャンセル待ちで購入を検討してみてもよいでしょう。

さまざまな理由により、契約をしていた車をキャンセルする方がいます。
キャンセルされた車は納車先がなくなり、在庫になることも少なくありません。

キャンセル車が出た場合の購入意思を事前に伝えておけば、連絡をもらえることもあります。
キャンセル車は自分が好きなグレードやカラーは選べませんが、レクサスを早く手に入れられる可能性が高まります。

レクサス購入の注意点

レクサスを購入する際に気をつけたい点が3つあります。

事前に確認しておけば、購入時にかかる手間や確認する時間が省けるかもしれません。
後悔せずレクサスを購入するためにも、注意しておきましょう。

ディーラーに転売ではないことを伝える

ディーラーには転売ではないということを伝えておきましょう。
転売だと思われてしまうと、販売を断られるケースも考えられます。

家族と利用する、社用車として購入するなど、具体的な購入理由を話しておけば、ディーラーにも安心してもらえます。

転売禁止の誓約書の同意やメンテナンスプログラムへの加入をするなど、行動で示すことも重要です。
購入者側が誠実な態度を示めば、ディーラーにも転売ではないことが伝わります。

ディーラーや車販売店に早めに購入意思を伝える

購入したい車種があれば、早めに購入の意思をディーラーや車販売店に相談しておくと、情報を教えてくれるかもしれません。
人気の車種であれば、早めに予約を受け付けているディーラーもあります。

早めに購入の意思を伝えておけば、受注が積みあがる前に契約ができるため、早く手に入れられる可能性があります。

レクサスの購入を迷っている場合も、ディーラーや車販売店に早めに相談してみてください。

今乗っている車の車検切れと売却時期に注意する

現在乗っている車があれば、納期を待っている間に車検切れにならないよう注意してください。
万が一車検が切れてしまうと、レクサスへの乗り換え前に現在乗っている車の車検代を支払う必要がでてきます。

もし、車検代を支払わなければ、車が使用できない期間が生まれ、生活に支障をきたす恐れもあるでしょう。

また、レクサスの購入にあたって今乗っている車の売却を考えている方は、売却時期に注意が必要です。
売却時期を早めに設定していると、レクサスが納車されるまえに今乗っている車を手放さなければならなくなる可能性もあります。

車の売却は、レクサスの納期が遅れても安心できるように、十分に期間を設けておくと安心です。

レクサスの納車までの流れと必要書類

納期が早まったときのために、事前に納車までの流れを把握しておくと慌てなくてすみます。

ここでは、納車までの流れと必要書類を紹介します。

納車までの流れ

納車までの大きな流れは6ステップです。

1.車購入の契約後に発注
2.必要書類の提出
3.車両登録や自動車保険の手続き
4.車代金の支払い
5.車の入庫・オプション取り付けや検品
6.納車

車の購入にはディーラーとの交渉が終わり次第、購入の意思を示す契約書への署名・捺印が必要です。
ディーラーは契約書をもとに自動車メーカーへ発注をします。

車両登録に必要な書類は用意に時間を要するものもあるため、早めに準備をして、ディーラーへ提出しておくと安心です。
その際に、自動車保険の手続きも忘れないように行ってください。

車代金の支払いが完了したら、自動車メーカーからディーラーへ車が入庫されます。
入庫された車にオプションの取り付けや検品を実施し、最後にナンバープレートを取り付けて完成です。

全ての準備が完了次第、自宅や店舗にて納車されます。

必要書類

陸運局へ車両を新規登録する場合には書類が必要です。

ここでは一般的な例を紹介します。
さまざまな事情により必要な書類が変わるため、最終チェックはディーラーや車販売店へ確認しましょう。

普通自動車
・自動車保管場所証明書(車庫証明書)
・印鑑証明書(発行して3か月以内)
・実印
・口座届出印(ローンの場合)

それぞれの書類について以下で詳しく解説します。

実印と公的書類

車両登録には、実印と印鑑証明書が車両登録に必要です。

陸運局へ登録するために、普通自動車の購入には実印と印鑑証明書、が必要です。

印鑑証明書は役所で発行ができますが、マイナンバーカードを所持している場合は、コンビニのマルチコピー機でも発行可能です。

印鑑登録が済んでいない場合は、役所へ登録に行きましょう。

車庫証明書・保管届出書

車庫証明書や保管届出書は、車を所有をした場合に保管する場所があることを証明する書類です。
この書類は管轄の警察署で手続きをします。
手続きはディーラーや車販売店で代行してもらえるか、事前に確認しておくと安心です。

もし自分で証明書を取得する場合は、警察署へ訪問しなくてはなりません。

普通自動車の車庫証明書は警察署へ書類を提出してから発行までに約1か月ほどかかる可能性があります。
居住している地域で保管届出書が必要かどうかについては、管轄の径錯書へ連絡してみるとよいでしょう。

保管場所届出書も警察署にて手続きが行えますが、保管届出書は車庫証明書と違い即日発行が基本です。
万が一の際に備えて、余裕を持って手続きを行うと慌てずにすみます。

委任状

ディーラーや車販売店に依頼して諸手続きを行ってもらうためには、委任状が必要となります。
指定の用紙があれば、ディーラーや車販売店の指示に従って記載しましょう。

自分で手続きを行う場合には、委任状は不要です。

レクサスの納期が遅くてキャンセルをする場合

レクサスの納期が思ったよりも遅くて、キャンセルをしなければならない状況になることもあるかもしれません。
予約後にキャンセルできるかはタイミングや事情により異なります。

注文したレクサスの生産が開始した後ではキャンセルが認められないことも少なくありません。

またレクサスをキャンセルしても、予約料の返金はありません。
キャンセルを検討したい場合は、ディーラーへ相談しましょう。

まとめ

レクサスの納期は約2か月以上かかる場合がほとんどです。
新型コロナウイルス感染症拡大や世界的な半導体不足の影響を受けて納期が遅れています。

一方で、トヨタ自動車の新システム導入や部品メーカーなどへの協力依頼もあり、納期はだんだんと正常化されつつあります。

憧れのレクサスを早く手に入れるには、事前にディーラーや車販売店に相談をしておくと、欲しい車種の情報がもらえるかもしれません。

自分で納期を早める方法もあるため、早く手に入れたい方は試してみてください。